某歯科医による偏ったブログ

ろくでもない話をさらに熟成

無給医 歯学部大量エントリーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 

 

「無給医」2191人

ということで発表があった。

「無給医」2191人 国が公表|NHK 首都圏のニュース

国が公表 大学病院で診療をしながら、給与が支払われない「無給医」について、国は調査の結果、全国50の大学病院に2191人いたことを公表しました。

国が無給医の存在を認めたのは今回が初めてです。「無給医」は、大学病院などで診療をしながら研修中であることなどを理由に給与が支払われない若手の医師や歯科医師のことです。文部科学省は、ことし1月から全国108か所の医学部や歯学部の付属病院で診療にあたっている3万人あまりの医師の給与や雇用の状況について調査しました。その結果、全国50の大学病院に2191人の無給医がいることが確認できたと、28日公表しました。内訳は、順天堂大学医学部付属順天堂医院が197人、北海道大学病院が146人、東京歯科大学水道橋病院が132人などとなっています。
また、東京大学や慶應義塾大学など7つの大学病院は、1304人の医師について、調査中」と回答しました。
国が無給医の存在を認めたのは今回が初めてです。
このほか調査では、理由なく雇用契約が結ばれていなかった医師が1630人、同じく理由なく、労災保険に入っていなかった医師が1705人いたことが明らかになりました。
今回、無給医の存在を認めた50の大学病院は今後は給与を支払うよう改めるとしています。
また、国も今後、大学が取り組む改善策が適切に行われているか、確認するとしています。

都内の大学病院で働く男性では、大学病院から給与は支払われないため、妻子を支えるため他の病院でアルバイトをして、生計をたてています。
休みはほとんどなく、1週間に3回の当直勤務をこなすこともあるといいます。
男性医師は調査結果について、「医師として診療にあたりながらも労働として認められなかった。社会保障もなく、屈辱的な思いをしてきたのに、無給医は存在しないと言われ絶望していましたので、ようやく認められたかという思いです」と心境を語りました。
さらに、「過労から患者と話していても意識がもうろうとすることもあり、診療の質にも影響していると感じています」と述べるなど、無給医のリスクは患者にも及ぶおそれがあると指摘しました。
その上で、「自分の大学では調査の後も改善の兆しはありません。国はこの調査で終わりにせず、改善するまで強く指導してほしい」と訴えていました。

大学病院ごとに、無給医の数を見ますと、
1.順天堂大学医学部付属順天堂医院で197人
2.北海道大学病院が146人
3.東京歯科大学水道橋病院が132人
4.岩手医科大学付属病院が123人
5.昭和大学歯科病院が119人
6.愛知学院大学歯学部付属病院が118人
7.杏林大学医学部付属病院が95人
8.東北大学病院と大阪歯科大学付属病院、そして山口大学医学部付属病院が94人となっています。

医師の働き方に詳しい福島通子社会保険労務士は、「医師は聖職と思われてきたが、無給医も労働者であると考えるべきだ。患者を診療しながら賃金が支払われないということは、労働基準法上も違法である可能性がある」と指摘しました。
その上で、「今回無給医の存在が明らかになったことを好機と捉え、行政が改善に向けて動くべきだ。今までのやり方を変え、これからの医療を背負う若い医師が将来に希望を持てる体制に整える必要がある」と話しています。

 

ということだが、まあ少ないよねー、というイメージしかない。

たぶん凄い薄給でも出してるから、という理由で無給医扱いされていない数が一杯裏にいるでしょうね。

しかし、これ払うとしたらそれだけで相当な負担がかかるわけだが、病院収入が急に上がるわけじゃないわけで、当然だがしわ寄せは今の学生の学費なんじゃないか?

え?有給職の給料下げてポストも減らす!!??

 

どちらにしても地獄ですね。